フィリピン留学に必要な予防接種は3種類【費用・回数・注意点】

入学準備
むすこくん
むすこくん

フィリピン留学で予防接種は必須?

費用はどれくらいかかる?

何に注意したらいい?

フィリピン留学を検討中で、予防接種についてお悩みの方にお勧めの内容のです。

 

こんにちは、うっきぃです。

留学に予防接種が必須な場合、「接種証明書」を提出しないといけません。

フィリピンの場合は予防接種が必須なのか、費用はどれくらいなのかについて掘り下げていきたいと思います。

この記事で分かるのはこんなことです。

  • フィリピン留学に予防接種は必須ではない
  • 最低限必要な予防接種は3種類
  • 予防接種では防げない病気と注意点

もしもの事態に備えて、海外留学保険に入る事も忘れずに!まずは無料の資料請求から↓↓↓

 

\海外留学するなら保険は必須!/

 

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

フィリピン留学に予防接種は必須ではない

ウイルスと注射

結論から言うと、フィリピン留学に予防接種の義務はありません。

欧米圏と違って、語学学校や大学に通うのに予防接種の証明書を提出する必要もないからです。

フィリピン留学をする人は、9.5割以上が3ヶ月以内の短期留学者で、滞在中も語学学校とショッピングモールの往復程度で感染リスクが少ないという理由もあります。

ですが1ヶ月以上海外に滞在する場合、厚生労働省が推奨する予防接種は以下の通りです。

 

ワクチン接種リスト

ワクチンの説明

引用先:厚生労働省検疫所HPより一部抜粋

 

上記の表から、フィリピンが属する東南アジアを見てみると、

  • 渡航前の予防接種を推奨【◎:A型肝炎、麻疹】
  • リスクがある場合は接種を検討【〇:B型肝炎、日本脳炎、インフルエンザ、水痘、破傷風】
  • 入手可能であれば接種を検討【△:狂犬病】

となっています。

娘ちゃん
娘ちゃん

長期留学の場合は、旅行などでリスクが上がるから予防接種が推奨されてるよ。

 

当然、すべて接種する必要はありません。

最低限何が必要なのか、エージェント情報を元にタイトルに【〇】【×】表記しました。

料金や接種回数だけでなく、原因や症状も記載しました。気になるものがあれば、目次から飛ばし読み出来ます。

スポンサーリンク

最低限必要な予防接種は3種類

どっちか選ぶ

推奨されている予防接種は多くありますが、最低3種類打てば問題ないと言われています。

予防接種に定価はないし、病院によって費用も回数も異なるため、まずはこの記事で料金相場を確認してください。

その後、お近くの病院に数件問い合わせることをおススメします。

 

うっきぃ
うっきぃ

病院側は何が必要な予防接種かという情報は持ってないよ。

自分で調べて希望を伝えなくちゃいけないの。

A型肝炎【〇】

海外の路面店

  • 原  因:衛生状態の悪い路面店での飲食や、汚染された生水を摂取することで感染。
  • 症  状:食欲不振、吐き気、倦怠感、筋肉痛、腹痛、発熱など風邪によく似た症状。
  • 治癒期間:数週間から数か月。再発しない。
  • 接種回数:1回で効果が1年以上。半年~1年後に2回目を接種すれば15~20年効果は持続。
  • 費  用:6,000円~10,000円/回

 

フィリピンのような衛生面に不安がある国では必須の予防接種だと言えますね。潜伏期間は一か月もあるので、原因を特定することはできません。

歯磨きの時でも煮沸消毒(85℃以上で1分以上)の水を使うなど、口に入れるものには注意が必要ですね。

 

うっきぃ
うっきぃ

1年以上留学する人は、一時帰国したときに追加接種が安心だね。

麻疹(はしか)【×】

  • 原  因:感染した人からの飛沫感染、空気感染、接触感染。
  • 症  状:発熱、咳、鼻水といった風邪の症状の後、39℃以上の高熱と発疹。
  • 治癒期間:1週間程度。再発はしない。
  • 接種回数:2回(通常幼児期の定期接種で済)
  • 費  用:8,000円~10,000円/回

 

2回接種していたら、麻疹の予防接種は必要ないので、母子手帳を確認してみてください。

 

うっきぃ
うっきぃ

生ワクチンだから、2回目を接種する場合は4週間以上間隔を空けないといけないよ。

B型肝炎【×】

  • 原  因:性行為や不衛生な医療器具を介した感染
  • 症  状:倦怠感、食欲不振、黄疸。約30%が急性肝炎を発症。
  • 治癒期間:数週間でピークを迎え、回復。
  • 接種回数:3回(初回、1ヶ月後、6ヶ月後)
  • 費  用:8,000円程度/回

 

潜伏期間は1~6ヶ月と長いですが、健全なフィリピン留学を送っていれば必要のない予防接種ですね。

娘ちゃん
娘ちゃん

B型肝炎も必要なし!次いこう!

日本脳炎【〇】

  • 原  因:蚊によって豚から人に伝播して感染
  • 症  状:高熱、頭痛、嘔吐、重度になると意識障害、痙攣、異常行動。
  • 治癒期間:治療法はなく、全治は3分の1。
  • 接種回数:3回(初回、1~4週間後に2回目、1年後に3回目)
  • 費  用:5,000円~8,000円/回

 

雨季にフィリピン留学する学生は蚊が発生しやすい時期なので特に接種が必要です。

厚生労働省検疫所のHPによると、定期接種を受けていても効果は3~4年と記載があります。

通常、3回接種した人が日本脳炎流行地へ行く場合1回接種が推奨されています。

「25歳を過ぎていれば初回接種から始めるべき」とも言われているので、接種回数については病院に相談してみましょう。

 

うっきぃ
うっきぃ

農村部に行く人は必須だね。危険性が高い病気だから絶対打たなきゃ。

インフルエンザ【×】

  • 原  因:感染した人からの飛沫感染、空気感染、接触感染。
  • 症  状:高熱、食欲不振、倦怠感、関節痛、咳、のどの痛みなど風邪に似た症状。
  • 治癒期間:10日程度
  • 接種回数:13歳以上は1回
  • 費  用:4,000円程度

 

日本での接種時期は12月中旬までですが、効果は短いです。接種後3ヶ月は80%近い予防率ですが、5ヶ月後には50%近くまで下がってしまうんです。

 

妹ちゃん
妹ちゃん

フィリピンの流行時期は7~8月だから間に合わないね。

有効性も60%程度ですし、インフルエンザはかかってもそれほどの危険性もないので接種を見送って問題ありません。

水痘(水ぼうそう)【×】

  • 原  因:感染した人からの飛沫感染
  • 症  状:発熱、強いかゆみを伴った水ぶくれ
  • 治癒期間:約1週間、再発しない
  • 接種回数:2回(28日以上間隔をあける)
  • 費  用:4,000~6,000円/回

 

娘ちゃん
娘ちゃん

かかったことあれば、免疫あるから必要なし!

かゆみで眠れないほどなので、かかったことばなければ接種した方が安心です。

ですが重症化するリスクもないので、積極的に接種する必要はありません。

破傷風【〇】

  • 原  因:土いじりなどで傷口から破傷風菌が体内に入り感染。
  • 症  状:開口障害、寝汗、歯ぎしり、全身硬直、痙攣
  • 治癒期間:4~6週間
  • 接種回数:3回(初回、3~8週間後、6ヶ月~12ヶ月後)
  • 費  用:4,000円程度/回

幼児期の定期接種で受けていれば、20代前半まで免疫があります。

 

娘ちゃん
娘ちゃん

じゃあ、これもパスだね!

いいえ、発展途上国はケガをしやすく、命に関わることもあるのでフィリピン留学を決めたらここは接種すべきです。

うっきぃ
うっきぃ

重症化しやすく、治癒に時間もかかるよ。

費用も安いので接種がおススメです。

狂犬病【×】

3匹の野良犬

  • 原  因:犬、猫、サル、フェレット、コウモリ等の唾液や分泌物から感染
  • 症  状:発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、錯乱、幻覚、攻撃的状態
  • 治癒期間:発症すると100%死亡
  • 接種回数:2~3回(初回、7日目、21~28日目)
  • 費  用:15,000円程度/回

 

2019年に「ラビピュール」が認可されたため、従来半年かかって接種しなければいけなかった狂犬病の予防接種は1ヶ月で接種が終了できるようになりました。

うっきぃ
うっきぃ

1週間隔で2回接種すれば3回目は原則不要なんだって!

後は病院の判断だね。

妹ちゃん
妹ちゃん

野犬は夜活動するから、夜は出歩かないなど注意が必要だね。

動物に積極的に触る環境でなければ、費用も高いのでそこまでの必須性はありません。

スポンサーリンク

予防接種では防げない病気と注意点

予防接種では防げない病気に「デング熱・マラリア」「食中毒」があります。

科学的な予防法がないので、普段の生活で自分で防衛するしかありません。どんな症状に見舞われるのか、どういったことに注意すれば防げるのかについて見ていきましょう。

デング熱

蚊に刺される様子

 

  • 原  因:蚊によって媒介される感染
  • 症  状:39℃近い熱が2~3日続き、全身にかゆみが発生。
  • 治療方法:1週間程度で自然治癒
  • 予防方法:虫よけスプレー、蚊取り線香

 

標高600m以下の地域では、一年中感染リスクがあります。

娘ちゃん
娘ちゃん

蚊の発生しやすい雨季を避けるとかなりの対策になるよ。

虫除けスプレーと言えば、就寝前にプッシュするだけで絶大な威力を発揮するこちらの商品が定番です。

ガスポンプタイプは、飛行機で没収される危険があるので、こちらのタイプが留学生には必須アイテムですよ。

うっきぃ
うっきぃ

日本でしか手に入らないから、忘れずにね!!

暑くてもなるべく長袖・長ズボンで肌を露出しないことや、虫が嫌う明るめの服を選ぶなど普段から対策を心掛けましょう。

マラリア

  • 原  因:寄生虫を保有した雌のハマダラカに刺されると感染
  • 症  状:発熱、頭痛、悪寒、嘔吐、倦怠感、体の痛み
  • 治療方法:病院で薬剤投与。迅速に適切な対処で治癒できる
  • 予防方法:DEETという蚊の忌避剤を塗布、スプレー

 

フィリピンの蚊に効く「OFF!」という虫よけがフィリピン人のマストアイテムです。

50㎖で90ペソ程度、100㎖で160ペソ程度と格安で、どこでも手に入るので常に携帯してください。

娘ちゃん
娘ちゃん

強い成分が入ってるから、肌が弱い人は少しずつ塗ってみて。

硬めのクリームタイプだよ。

食中毒

  • 原  因:細菌や毒素に汚染された食品を食べることで感染
  • 症  状:腹痛、下痢、嘔吐、発熱
  • 治療方法:下痢や嘔吐と繰り返すことで菌が排出され改善する
  • 予防方法:手の消毒、水は煮沸消毒

 

フィリピンでは儀礼と言われるほど、最も感染症の危険が高いのが食中毒です。

妹ちゃん
妹ちゃん

雨季は衛生状態が悪化するから特に気を付けてね。

普段の生活で注意してほしい予防法を紹介するよ!

  • 歯磨きやうがいでも煮沸消毒した水を使う
  • ジュースでも氷は水道水が使われているので要注意
  • 路上で売られているものは不衛生なので食べない
  • レストランでもサービスウォーターは危険
  • お金を触ったあと食事するときは手指の消毒をする

 

ほとんどの場合は2~3日腹痛に耐えれば治癒しますが、日本から普段使っている腸内改善薬やうがい薬を持っていくことをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

光るスーツケース

フィリピン留学に行く場合に推奨される予防接種の種類、普段の生活での注意点についてお話してきました。

最後に本当に必要な3種類の予防接種をまとめてみましょう。

  • 【A型肝炎】6,000~10,000円×2回
  • 【日本脳炎】5,000~8,000円×1回
  • 【破傷風】4,000円×1回

合計最低でも21,000円以上はかかることになります。接種の種類と回数については個人差がありますので、病院で相談してくださいね。

 

娘ちゃん
娘ちゃん

私は1つの病院ですべてが揃わなかったよ。

取り寄せに2週間かかる場合もあるから、早目に取り掛かろう。

2020年10月1日から生ワクチン以外の異なる種類の予防接種に関して、一律の日数制限は廃止されました。

直前でも続けて接種できるようになったので、積極的に接種して、安心安全な留学ライフを過ごしましょう。

留学エージェント探しに困ったら、こちらのエージェントがおススメです。親身になってサポートしてくれたエピソードをたくさん載せていますので、参考にしてくださいね。

»【フィリピン留学Hub】激推!親身になってくれる留学エージェント

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
にほんブログ村


フィリピン留学ランキング

タイトルとURLをコピーしました